町内会・自治会支援

 

平成29年度から盛岡市と協働して、町内会・自治会活動支援の仕組みづくりの事業を実施しています。アンケート調査や意見交換会を開催し、浮き彫りになった課題や対策について、その解決に役立てるセミナーを開催してきました。

 

活動のヒントや団体同士の交流の促進、個別相談に対応しています。

境田町内会活動紹介

 

  2019年度テーマ

  みんなで進める街づくり~この町に住む幸せを共有(共感)できるまち~

 〇事業計画

  ・互い助け合う 支え合う「地域のきずな」づくり

    人と人とのふれあいを大切にしたコミュニティ活動の推進

    サロン・サークル・ささえあいカフェ等の活用

    夏まつり・新年交賀会等町内会行事への積極的な参加の推進

  ・安心で快適な暮らしの「しくみ」づくり

    高齢者世帯への戸別訪問・門口除雪等の実施

    介護・福祉を学び、みんなで助け合う街づくりの推進

    環境美化活動の推進(年2回 清掃の日設定)

  ・防犯・防災に強い街づくり

    防犯パトロール・自主防災訓練の実施

    災害弱者への支援体制の確立

    子どもの安全を守るための登下校などの見守り活動の実施

  ・その他活動

    役員会議 毎月第1土曜日

    資源ごみ立ち合い 町内有志の方々及び役員・寿鳳会

    資源ごみ集団回収 小学生子ども会 年8回

    中屋敷公園清掃 小学生子ども会 年4回

    除雪

    地域安全マップ作り 年1回 7月頃

 ・「鍵かけモデル地区」としての活動

 

 

 9月21日(土)10時から境田町公民館で開催された境田町町内会の勉強会に参加し、町内会のKさんのお話をお聴きしました。

 

50人の町内会の皆さんが参加した勉強会について紹介します。

 

 

<講話>  

  Kさんは今年、がんの手術を受け、退院後は自宅で療養されています。              

   入院にあたり、「覚悟を決めないといけないな。」と思い、病院では1度もテレビを見ず、本を読んだり、考えたり、日々を記録したりして過ごされました。               

  病院創始者がどのような気持ちで病院を作ったのかに興味があり、院内の図書館で創始者の著書を探しましたが、病院転居のため整理したのか、見つからず残念だったとのことです。      

   Kさんは今、腸ろうから栄養を摂っていますが、テレビで料理番組を見ても「食べたいと思わない。」し、「おこらなくなった。」と感じているそうです。

  スクールガードなど町内会の活動に、Kさんは積極的に参加しています。

  ・スクールガードで子どもたちに声をかけると、自分の方がパワーをもらえる。

  ・自分から挨拶すれば、相手も必ず挨拶を返してくれる。                 

  ・自分が変われば相手も変わる。       

  ・みんなが挨拶をして、ますますなごやかな町内会にしたい。                     

  そして、「児童・民生委員、地域、町内会の皆さんが、兄弟姉妹にようにあれこれ厳しくなく、うるさくなく、まるで『いとこ』くらいに気にかけてくれて、自分に接してくれていることがうれしい。」ともお話されていました。

 Kさんは、「しかり方が上手な娘さんお二人と愛する奥さまと、素直な気持ちで5年間、一生懸命生きたい。助かった命なので、みんなのために使おう。」と考えていらっしゃいます。

 

<講話終了後>         

  町内会事務局の方から「がん治療」「医師は最悪の場合を想定して患者に説明するもの」「ストレスなくなるように生活することも治療には大切なことである。」とお話がありました。                

 

 Kさんの地元への気持ちが温かくしっかり伝わってくる講話でした。

 

町内会の皆さんは、堅苦しい関係ではなく、温かく緩い、気持ちいい関わりを持たれていることがわかりました。

 

南大通二丁目町内会・防犯防災安全部活動紹介

 「元気なコミュニティ特選団体(自分たちの住む地域の活性化のために自主的に取り組む岩手県内の団体)」である南大通二丁目町内会・防犯防災安全部(大畑正二部長)の活動を紹介します。

  

南大通二丁目町内会・防犯防災安全部は、町内会には防犯防災を担う部が無かったことから、平成16年8月に防犯防災安全部を発足、翌年5月17日には県内第一号となる「警察庁指定地域安全安心ステーションモデル地区」に指定されました。

  多くの町内会の役員不足が心配されていますが、防犯防災安全部は、町内所在企業の理解と協力を得て、地域に勤務する会社員や銀行員、郵便局員などの企業人等も一緒に活動しています。また、防犯防災活動のみならず、町内の青年部・婦人部と連携して、祭りや舟っこ流し、野球大会、除雪などの町内活動への主体的な活動に取組んでいます。勤務している人も参画する新しい町内会の形を構築しているわけです。

  異動となっても企業内の引継ぎがあることから、若い担い手の確保が実現でき、また、企業からの部員が町内会活動に参画することで、地域住民との交流が生まれ、仕事面でも効果が出ていると感じているとのこと。

  大畑部長は、

     〇 企業人主体の町内会部会は岩手県内でも、稀有な存在と思える。部会は若手不足の町内会活動の中

   にあって、部会の活動だけでなく、様々な町内会行事に積極的に参加し、町内会には無くてはならな

     い存在となっている。

    〇 部会の活動の継続のためには、企業人は本業が大事であることから、就業前など、「無理をさせな

    い」「負担をかけない」ことが必要であると考えている。

    〇 参加企業の理解と協力のもと、これまでの事業を継続していきたい。

    〇 次の複数人のリーダーを育てていきたい。

 とおっしゃっていました。

  南大通二丁目町内会・防犯防災安全部は、その活動のキャッチフレーズ「地域の安全は地域のみんなで守る」のとおり、防犯パトロール、子どもの見守り運動、スノーバスター等の活動に、地域のみんなで取組んでいます。 

稲荷町町内会活動紹介

 

「元気なコミュニティ特選団体(自分たちの住む地域の活性化のために自主的に取り組む岩手県内の団体)」である稲荷町内会(工藤由春会長)の活動を紹介します。

 

 町内会活動のキャッチフレーズは

~挨拶の飛び交う街は明るい街~

声掛け、寄り添い、助け合いで安全・安心な明るく住み良いまちづくり

 

 昭和59年4月1日、大館稲荷町内会の世帯数・人口増に伴い、町内会分割により発足した自治会組織であり、盛岡市西厨川地区の町内会です。      

住民の9割が新規流入者の都市型コミュニティですが、町内会として、敬老会・世代間交流・保健衛生活動・スポーツ大会・ふれあいサロン活動など、たくさんの参加者がある楽しいイベントを開きながら親睦を深めるなど、受け入れ態勢を整えています。

大新小学校区(市の北西部寄りに位置し、稲荷町、中堤町、南青山町、前九年2・3丁目、大館町、天昌寺町、北天昌寺町、中屋敷町、大新町の9町を学区としている。)では、(ソフトボール、野球、バレーボール、卓球)運動会があることから、町内会には、「体育部」も組織され、活動しています。

また、地域住民により「下厨川地区諸葛川景観保全ネット」を設立し、河川敷等の環境整備に取組んでいる他、町内に所在する千年の歴史を有し、町内をはじめ周辺住民の心のよりどころとなっている厨川稲荷神社を近隣8町内会で維持管理しながら、地域の文化、伝統を後世に伝える活動を実施しています。

「平成30年度コミュニティー・リーダー研修会(H31.2.14)」稲荷町町内会の事例発表で、「地域デビューの5ヶ条」というとても興味深いお話がありましたので、ご紹介したいと思います。

   ■ 地域デビュー5ヶ条

      (1)肩書きを忘れる              

       (2)気の合う人を見つける               

       (3)特に女性の話をじっくり聞く                

       (4)誰もが対等な立場だと心得る                

       (5)できる、できないを明確に伝える                                 

お話を伺った町内会役員の方は、「自分たちの住んでいる町は、自分たちでよくしたい。住みやすい、よい町にしたい。また、住民が町内会役員を温かい、やさしい目で見て(応援して)くれていて、役員も頑張り甲斐があり、楽しく活動ができている。」とおっしゃっていました。

 

◎「元気なコミュニティ特選団体」

 「元気なコミュニティ特選」は、県内各地で実施されている、自分たちの住む地域の活性化のために自主的に取り組む団体の活動事例である。

 

岩手県は、県内外に活動事例を広く情報発信することで、選定された団体の一層の活動促進と県民の地域活動に関する理解と参加を促進することを目的に実施しているもの。

 

特定非営利活動法人

いわてNPOフォーラム21

〒020-0023

岩手県盛岡市内丸16-15

内丸ビル4階

TEL:019-605-8271 

FAX:019-681-0587

E-mail:inf21-info@iwate-npo.net