町内会・自治会支援

 

平成29年度から盛岡市と協働して、町内会・自治会活動支援の仕組みづくりの事業を実施しています。アンケート調査や意見交換会を開催し、浮き彫りになった課題や対策について、その解決に役立てるセミナーを開催してきました。

 

活動のヒントや団体同士の交流の促進、個別相談に対応しています。

境田町内会活動紹介

 

  2019年度テーマ

  みんなで進める街づくり~この町に住む幸せを共有(共感)できるまち~

 〇事業計画

  ・互い助け合う 支え合う「地域のきずな」づくり

    人と人とのふれあいを大切にしたコミュニティ活動の推進

    サロン・サークル・ささえあいカフェ等の活用

    夏まつり・新年交賀会等町内会行事への積極的な参加の推進

  ・安心で快適な暮らしの「しくみ」づくり

    高齢者世帯への戸別訪問・門口除雪等の実施

    介護・福祉を学び、みんなで助け合う街づくりの推進

    環境美化活動の推進(年2回 清掃の日設定)

  ・防犯・防災に強い街づくり

    防犯パトロール・自主防災訓練の実施

    災害弱者への支援体制の確立

    子どもの安全を守るための登下校などの見守り活動の実施

  ・その他活動

    役員会議 毎月第1土曜日

    資源ごみ立ち合い 町内有志の方々及び役員・寿鳳会

    資源ごみ集団回収 小学生子ども会 年8回

    中屋敷公園清掃 小学生子ども会 年4回

    除雪

    地域安全マップ作り 年1回 7月頃

 ・「鍵かけモデル地区」としての活動

 

 

 9月21日(土)10時から境田町公民館で開催された境田町町内会の勉強会に参加し、町内会のKさんのお話をお聴きしました。

 

50人の町内会の皆さんが参加した勉強会について紹介します。

 

 

<講話>  

  Kさんは今年、がんの手術を受け、退院後は自宅で療養されています。              

   入院にあたり、「覚悟を決めないといけないな。」と思い、病院では1度もテレビを見ず、本を読んだり、考えたり、日々を記録したりして過ごされました。               

  病院創始者がどのような気持ちで病院を作ったのかに興味があり、院内の図書館で創始者の著書を探しましたが、病院転居のため整理したのか、見つからず残念だったとのことです。      

   Kさんは今、腸ろうから栄養を摂っていますが、テレビで料理番組を見ても「食べたいと思わない。」し、「おこらなくなった。」と感じているそうです。

  スクールガードなど町内会の活動に、Kさんは積極的に参加しています。

  ・スクールガードで子どもたちに声をかけると、自分の方がパワーをもらえる。

  ・自分から挨拶すれば、相手も必ず挨拶を返してくれる。                 

  ・自分が変われば相手も変わる。       

  ・みんなが挨拶をして、ますますなごやかな町内会にしたい。                     

  そして、「児童・民生委員、地域、町内会の皆さんが、兄弟姉妹にようにあれこれ厳しくなく、うるさくなく、まるで『いとこ』くらいに気にかけてくれて、自分に接してくれていることがうれしい。」ともお話されていました。

 Kさんは、「しかり方が上手な娘さんお二人と愛する奥さまと、素直な気持ちで5年間、一生懸命生きたい。助かった命なので、みんなのために使おう。」と考えていらっしゃいます。

 

<講話終了後>         

  町内会事務局の方から「がん治療」「医師は最悪の場合を想定して患者に説明するもの」「ストレスなくなるように生活することも治療には大切なことである。」とお話がありました。                

 

 Kさんの地元への気持ちが温かくしっかり伝わってくる講話でした。

 

町内会の皆さんは、堅苦しい関係ではなく、温かく緩い、気持ちいい関わりを持たれていることがわかりました。

 

南大通二丁目町内会・防犯防災安全部活動紹介

 「元気なコミュニティ特選団体(自分たちの住む地域の活性化のために自主的に取り組む岩手県内の団体)」である南大通二丁目町内会・防犯防災安全部(大畑正二部長)の活動を紹介します。

  

南大通二丁目町内会・防犯防災安全部は、町内会には防犯防災を担う部が無かったことから、平成16年8月に防犯防災安全部を発足、翌年5月17日には県内第一号となる「警察庁指定地域安全安心ステーションモデル地区」に指定されました。

  多くの町内会の役員不足が心配されていますが、防犯防災安全部は、町内所在企業の理解と協力を得て、地域に勤務する会社員や銀行員、郵便局員などの企業人等も一緒に活動しています。また、防犯防災活動のみならず、町内の青年部・婦人部と連携して、祭りや舟っこ流し、野球大会、除雪などの町内活動への主体的な活動に取組んでいます。勤務している人も参画する新しい町内会の形を構築しているわけです。

  異動となっても企業内の引継ぎがあることから、若い担い手の確保が実現でき、また、企業からの部員が町内会活動に参画することで、地域住民との交流が生まれ、仕事面でも効果が出ていると感じているとのこと。

  大畑部長は、

     〇 企業人主体の町内会部会は岩手県内でも、稀有な存在と思える。部会は若手不足の町内会活動の中

   にあって、部会の活動だけでなく、様々な町内会行事に積極的に参加し、町内会には無くてはならな

     い存在となっている。

    〇 部会の活動の継続のためには、企業人は本業が大事であることから、就業前など、「無理をさせな

    い」「負担をかけない」ことが必要であると考えている。

    〇 参加企業の理解と協力のもと、これまでの事業を継続していきたい。

    〇 次の複数人のリーダーを育てていきたい。

 とおっしゃっていました。

  南大通二丁目町内会・防犯防災安全部は、その活動のキャッチフレーズ「地域の安全は地域のみんなで守る」のとおり、防犯パトロール、子どもの見守り運動、スノーバスター等の活動に、地域のみんなで取組んでいます。 

稲荷町町内会活動紹介

 

「元気なコミュニティ特選団体(自分たちの住む地域の活性化のために自主的に取り組む岩手県内の団体)」である稲荷町内会(工藤由春会長)の活動を紹介します。

 

 町内会活動のキャッチフレーズは

~挨拶の飛び交う街は明るい街~

声掛け、寄り添い、助け合いで安全・安心な明るく住み良いまちづくり

 

 昭和59年4月1日、大館稲荷町内会の世帯数・人口増に伴い、町内会分割により発足した自治会組織であり、盛岡市西厨川地区の町内会です。      

住民の9割が新規流入者の都市型コミュニティですが、町内会として、敬老会・世代間交流・保健衛生活動・スポーツ大会・ふれあいサロン活動など、たくさんの参加者がある楽しいイベントを開きながら親睦を深めるなど、受け入れ態勢を整えています。

大新小学校区(市の北西部寄りに位置し、稲荷町、中堤町、南青山町、前九年2・3丁目、大館町、天昌寺町、北天昌寺町、中屋敷町、大新町の9町を学区としている。)では、(ソフトボール、野球、バレーボール、卓球)運動会があることから、町内会には、「体育部」も組織され、活動しています。

また、地域住民により「下厨川地区諸葛川景観保全ネット」を設立し、河川敷等の環境整備に取組んでいる他、町内に所在する千年の歴史を有し、町内をはじめ周辺住民の心のよりどころとなっている厨川稲荷神社を近隣8町内会で維持管理しながら、地域の文化、伝統を後世に伝える活動を実施しています。

「平成30年度コミュニティー・リーダー研修会(H31.2.14)」稲荷町町内会の事例発表で、「地域デビューの5ヶ条」というとても興味深いお話がありましたので、ご紹介したいと思います。

   ■ 地域デビュー5ヶ条

      (1)肩書きを忘れる              

       (2)気の合う人を見つける               

       (3)特に女性の話をじっくり聞く                

       (4)誰もが対等な立場だと心得る                

       (5)できる、できないを明確に伝える                                 

お話を伺った町内会役員の方は、「自分たちの住んでいる町は、自分たちでよくしたい。住みやすい、よい町にしたい。また、住民が町内会役員を温かい、やさしい目で見て(応援して)くれていて、役員も頑張り甲斐があり、楽しく活動ができている。」とおっしゃっていました。

長橋町自治会活動紹介

 

「元気なコミュニティ特選団体(自分たちの住む地域の活性化のために自主的に取り組む岩手県内の団体)」である長橋町自治会(本宮秀孝会長)の活動を紹介します。

  

長橋町自治会は、平成1810月に発足し、今年で13年目の自治会です。

 

<スローガン>

 助け合いの精神で、お互いのつながりを大切にしましょう!

 ~みんなで明るく笑顔であいさつ~

  

自治会では、「住民一人ひとりが、この街に愛着を持ち、安全で安心して暮らすことが出来る地域づくりを目指して、住民が協働し自主的に活動すること」を方針としています。新興自治会におけるコミュニケーション不足解消のため、ちびっこチュンチュン隊(歌・踊り)や中学生のスノーバスターなど、学校と連携し、子どもを中心とした地域行事を展開するなど、若い世代の参画意識醸成を図っています。 

 また、この地区は通過車両が多く、事故が多かったため、子どもたちを守るため、平成25年4月1日、岩手県初の「ゾーン30」区域となりました。また、地域の6つの福祉事業所と交流し、避難訓練を行っています。平成27年度には、防災福祉マップの改訂版を作成し、全戸配布するなど安全安心な地域づくりに努めています。

 土淵小と土淵中の両校は、平成28年4月から、施設一体型小中一貫教育校、愛称名「盛岡西峰(せいほう)学園」としてスタートしています。児童・生徒は、お互いに「学び合い、関わり合い、多様な経験」を積み重ねる行事や地域への貢献活動に取組んでくれています。

 これまで、自治会には独自の公民館がなく、主に土淵地区活動センターを利用して自治会活動を行ってきましたが、令和2年1月に長橋町に新自治会館(令和元年12月竣工)が開館される予定です。長橋町自治会は盛岡市の認可を受け、法人格を取得した「認可地縁団体」です。この区域に住所を有する、子どもたちももちろん、すべての個人が認可地縁団体の構成員ですので、これからは、自分たち自治会の資産として、自治会みんなで、新自治会館を利用、管理していくことになります。

  「幼稚園バスの送迎のほんの少し(10分、20分間)の待ち時間を支援できるような、町内で、お互いに、何とかできるコミュニティづくりをさらに進めていきたい。」と民生委員さん。

 「自治会の自慢・誇りは、どういうところですか?」とお尋ねしたところ、本宮会長は「役員のなり手不足の時代もあったが、青年部長をはじめ20代~30代の若いリーダーが、新しい発想を持ち、活動に取組んでくれていることが、自治会の自信となっていて、うれしい。」とおっしゃっていました。 

 

高松四丁目町内会活動紹介

 

「元気なコミュニティ特選団体(自分たちの住む地域の活性化のために自主的に取り組む岩手県内の団体)」である高松四丁目町内会(千葉 健一 会長)の活動を紹介します。

 

 20191115日に、高松四丁目公民館にお邪魔して、高松四丁目町内会の恒例の活動である「金曜ひろば」に参加させていただきました。

 

 「金曜ひろば」は、以前からあった「福祉ネットワーク」の範囲を拡大(高齢者、障がい者、子育て、ひきこもり、住民相互の交流等諸問題等)し、老若男女が集い、世代間交流を図ることができる場をとして毎週1回、公民館で開催して、地域課題に向き合い、地域みんなで福祉の向上に取り組んでいるものです。

  「行ってみたい」「参加したい」と思ってくれる方が、いつでも参加できるよう、参加しやすいようにと、毎週開催しています。今年度の「金曜ひろば」のお休みは、8月のお盆の週の1回だけとのこと。

   この日は、まず午後2時から、先生の指導のもと、すわってピラティスでエクササイズです。じ~んわり体も温かくほぐれ、頬もほんのりピンク色に。午後3時からは町内会の方の指導、キーボードの伴奏で10曲を超える歌を、大きな声で、大合唱(童謡♪「紅葉(もみじ)」では自主的に美しい輪唱も!)でした。レザークラフトに取り組んでいる方もいらっしゃいました。参加者の皆さんそれぞれが、とても楽しい、気持ちのよい時間を過ごされていました。

 

千葉会長は「地域の人たちが声を掛け合い、分かち合ったり、助け合ったりしている。役員の皆さんにも、町内会活動に一生懸命、取組んでもらっている。なんでも言い合える町内会である。これからも、金曜ひろばをはじめ、夏祭り、秋まつり、防災訓練など、できるだけ多くの機会を作っていき、地域の人たちが安心して暮らせるまちづくりを進めていきたい。」とおっしゃっていました。 

 

上羽場町内会活動紹介

 

「元気なコミュニティ特選団体(自分たちの住む地域の活性化のために自主的に取り組む岩手県内の団体)」である上羽場町内会(野里 勇三 会長)の活動を紹介します。

 

上羽場町内会には、地域の活動が消極的(地域間のつながりが希薄)という課題があったため、特に若い世代を中心に問題意識が生まれ、もっと地域住民のつながりを深めなければ、地域が没落してしまうという懸念があったそうです。

    地域間のつながりが希薄という課題解決に向けて、地域住民が主体的に取組み、町内会に若い役員を取り込み、平成30年度には、町内会が主体となり、事業計画を策定しました。町内会では現在、「人的交流で地域のきずなを取り戻す。」をキャッチ・フレーズとして、様々な活動に取組んでいます。

    地域のきずな復活のため、年6回のカラオケ研究会や、年2回の麻雀大会、夏祭り、三世代交流収穫祭の開催など、若い農業家が役員として計画立案・実行を担っています。

   今年度、小学生は4人、中学生は1人と子どもはとても少ない地域ですが、三世代交流収穫祭は、上羽場子供会・羽場農家組合と共催とし、郷土食の継承を目的に、子供たちと一緒に餅つきをして、調理・実食する楽しいイベントとなっています。特に高齢者が楽しみにしてくれていて、参加者が年々増加してきているところです。

   地域の跡継ぎ世代は、未婚率が高いことから、出会いの場を作るため、カラオケが苦手な人でも参加できるよう、カラオケ研究会を開催しています。また、「飲まない、吸わない、賭けない」麻雀大会や温泉旅行研修会を実施するなど、町内会の交流活動は活発になってきています。

   羽場地区には、盛岡市の無形民俗文化財である伝統芸能の「羽場山伏神楽」が伝わっていますが、踊った経験があり、指導をお願いできる方は、地域で70代男性1人という厳しい状況です。踊りの映像については、市教育委員会から借用し、ダビングして、町内イベントの際にビデオ放映するなど、「羽場山伏神楽」の復活と地域での伝承を期していて、地域で取組んでいかなければならない課題の一つとなっています。

   今後の活動については、まだ始まったばかりなので、さらに成果を出せるように、地域一体となって、目標の達成に努力していきたいとのことです。

  

  野里会長に「町内会の自慢は?」とお尋ねしたところ、「若いリーダーの積極的な参画がうれしい。」とおっしゃっていました。 

 

 

◎「元気なコミュニティ特選団体」

 「元気なコミュニティ特選」は、県内各地で実施されている、自分たちの住む地域の活性化のために自主的に取り組む団体の活動事例である。

 

岩手県は、県内外に活動事例を広く情報発信することで、選定された団体の一層の活動促進と県民の地域活動に関する理解と参加を促進することを目的に実施しているもの。

 

特定非営利活動法人

いわてNPOフォーラム21

〒020-0023

岩手県盛岡市内丸16-15

内丸ビル4階

TEL:019-605-8271 

FAX:019-681-0587

E-mail:inf21-info@iwate-npo.net